おすすめ

オンラインMLMワークショップ  ”初級実務訓練” in 大阪

オンラインMLMアカデミー ワークショップ ”初級実務訓練” in OSAKAを企画しました!

詳細およびお申し込みはこちら
https://forms.gle/EW4Wih76YJ1MFDe39

スケジュール


『早く決断して特典GET!』
12/31までにお申し込みの方には素敵なプレゼントをもれなくご用意いたします!

詳細およびお申し込みはこちら
https://forms.gle/EW4Wih76YJ1MFDe39

オンラインMLMのノウハウを実践を通して具体的に学びたい方を対象として、ゲストハウスでワークショップを開催します。その名も『実務訓練』!

これから自分のビジネスパートナーとなる『ノートパソコン、スマホ』をご持参いただき、具体的にあなた自身の集客ツールを組み立てます。オンライン+MLMの営業の流れを腑に落として体で覚え、最終的に自分の力で運用できることをテーマにご指導いたします。自分の近くで講師がレクチャーしてくれること、質問や疑問にその場で答えてもらえるので、迅速に実践まで漕ぎ着けます。

こんなことを求めている人にぴったり:
経済力、時間、成長しあえる仲間、精神的な充実を実感できる人生を創りたい!
紹介ビジネスに興味はあるが、友達を誘わなくてもよくなりたい。インターネットで将来のビジネスパートナーとなる見込みの人だけを集客できるようになりたい。ネットが繋がる自由な場所で活動できるようになりたい。むりやり忙しい時間を割いて活動しなくても良くなりたい。セミナーに出かけていかないとならない仕組みから解放されたい、権利的収入の構築をしたい。物心両面で豊かなライフスタイルになりたい!

自分の近くで講師がレクチャーしてくれること、質問や疑問にその場で答えてもらえるので、迅速に実践まで漕ぎ着けます。


インターネットの閲覧、基本的な文字入力作業、LINEアプリの操作、ZOOM会議アプリが操作できる人の場合、1回3時間の実務訓練×4回(計12時間)で基礎の完成を目指します。(各自のIT技術レベルによってどうしても個人差がでますので予めご理解の上でご参加ください)

マンツーマンの指導をご希望の方は別途ご相談ください。

このワークショップに参加する仲間との交流も楽しみの一つとなります。

(実務訓練の後はご自身の力で技術と経営の両面で磨きをかけてゆきましょう。)

今回は、1/18土曜日に開催の講座+親睦会が組み合わさっております。親睦会のみ参加するよりもお得です!
ご自身のスケジュールに合わせて選択してください。

2泊3日が最高の選択肢となるように設定していますが、日帰りでも宿泊も可能ですので自分の好みにあった方法でスキルアップを目指しましょう。



この際、全ての期間 (17~20までの3泊4日)を通して徹底的に参加したい場合は、宿泊チケットを組み合わせてください。

食事、入浴等については、緩やかなフリータイムを設けていますので、基本的に各自自由とします。宿泊者にはゲストハウスのプロのシェフによる朝食が振る舞われます。昼食および夕食は集まった参加者で話し合い、一緒に近隣の飲食店に食べに出かけることも想定しています。

🔵開催期間:
2020年1月17日 (金) 〜 20 (月)

🔵費用:
2泊3日+親睦会券 28,000円(宿泊および訓練を4回含む)オススメ!
1泊2日+親睦会券 16,000円(宿泊および訓練を3回含む)
一日券 8,000円(訓練を2回)
半日券 5,000円(訓練を1回)
宿泊券:4,000円(朝食付き)

🔵定員:
各回10名程度(宿泊、日帰り合わせて)
宿泊最大10名(男女別部屋、バストイレ別、和室)

🔵持ち物:
インターネットが快適に見れるレベルのノートパソコン、スマホ、それらの充電機器(あまり古いとシステムの動きについてゆけないため、買い替えしなければならないことがあります。)、Gメールアカウント(パスワード忘れに注意!すぐにログインできるようにしておいてください)、筆記用具(色鉛筆7色)、宿泊する方は宿泊に必要なもの。

🔵申込方法:

この申し込みフォームまたは、電話でお申し込みください。090-8585-7919(松井康哲)

🔵ゲストハウスについて:


2019年にフルリノーベーションされた和モダンハウス
。大阪府福島区に位置しており、繁華街へのアクセスも抜群で、夜は施設周辺は静か。
毎朝、割烹料理で腕を磨いた料理長から朝食が提供されます。

■寝室
寝室は2部屋あります。各部屋に布団が5組あります。男女別利用を想定しています。各部屋にトイレとお風呂があります。
■キッチン
基本的な調理器具として、
食器、
電子レンジ
、IHコンロ、
湯沸かしポット、
冷蔵庫があります。
■浴室シャワー、トイレは全て別です。
浴室にはボディソープ、シャンプー、リンス、ドライヤーをご用意しています。
洗濯機と洗剤のご使用が可能です。
.

■トイレ
トイレはウォシュレット付きです。

■無料Wi-Fi
宿泊中は無線Wi-Fiのご利用は無料です。


🔵アクセス方法

.
.
最寄駅「福島」から宿泊施設までは徒歩5分
、最寄駅「福島」から大阪難波駅までは電車19分の快適アクセス
.
.
駅周辺にはお洒落なバルや美味しい御飯屋も沢山ございます。
コンビニやスーパーも周辺にあり、宿泊中にお料理をしたい方や
長期滞在のご利用をされる方にも大変便利です。
.
.

【繁華街】
福島 〜 梅田(大阪)【電車 1分】
福島 〜 天王寺【電車 14分】
福島 〜 心斎橋【電車 18分】
福島 〜 大阪難波【電車 19分】
福島 〜 日本橋【電車 19分】


申込者には、詳細地図をお渡しします。

詳細およびお申し込みはこちら
https://forms.gle/EW4Wih76YJ1MFDe39

人間は、自分で自分の運命を決定することができる。

燃えるような熱意で心の中をいっぱいにする。そうすれば毎日の言動、思考、行動などが目標の達成に向けて自然と向いてゆく。

自分自身が認めない限り、この世に不可能なことはありません。あなたがのぞみ通りの人生を送りたいと思うならば、何が起ころうともまずは、自分自身を信じて、目の前の出来事を受け入れ、進んで行きましょう。

不可能だと思わず可能だと思えば、実際にあらゆることが可能になって行くでしょう。「できる」のか「できない」のか、それを決めるのは他の何者でもなく、あなた自身です。

わざわざ、自らの限界を設けて、可能性にフタをしめてしまう、こんなにもったいないことはありません。

あなたの中には、あなた自身が気づいていない、数多くの貴重な財産がたくさん隠れています。

運命が予め決められていると言うことはないのです。

もう一度、熱意を持ちネットワークビジネスに挑戦してみませんか? 友達勧誘なし、物販なし、詳しくはこちらhttps://2525mlm.com

皆さんこんにちは!
Zoomを使い始めて6年ほど経ちました。

その間、この、すごく使いやすいオンラインミーティングシステムの使い方を個人的に1000人以上の人々に指導してきました。

今、コロナウィルスの影響で「テレワーク」という新しい働き方、コミュニケーション、ミーティングのあり方が注目されています。

これから通信は4Gから5Gとなり、ますます新しい世界が開かれてゆくことでしょう。

私たちはオンラインビジネスでZOOMを毎日使って進めています。

必須ツールとして使い方を覚え、新しいメンバーにも伝承できるようになってゆきましょう。

この機会に興味のある人は下記リンクからアカウントを作ってみてはいかがでしょうか?


無料から始めることができます。
http://bit.ly/3d9Xpyo

立春大吉

今日は節分、明日は立春ということで、季節の行事をしています。

良いものですね、季節を感じ、節目にけじめをつける文化。

背筋がピン!と伸びる思いです。

「立春大吉」は禅宗のお寺の習慣からきているとされる、厄除けのお札です。

お札に書かれている「立春大吉」の文字をひとつひとつ見てみると、左右対称になっているように見えませんか?

左右対称なので、お札を裏から見ても、表から見ても「立春大吉」と書かれているように見えます。

そのため、このお札を玄関などに貼っておくと、鬼が入ってきて振り返った時にも同じように「立春大吉」と書かれたお札を目にすることになり、鬼は「まだこの家に入っていなかったのか」と勘違いをして逆戻りし、結果として、玄関から出ていくと考えられています。

鬼が出ていくことでで、一年間平穏無事にすごせる・・・ということです😄

さあ!書いてみましょう

立春大吉のお札を貼る場所

立春大吉のお札を貼る場所に関しては、絶対というものはありませんので、家の状況に合わせて以下の場所に貼れないか見てみてください。

• 玄関や門

• 家の中の鬼門に当たる位置(鬼門は艮の方角:北東)

• 神棚

• 仏壇

この他、普通の部屋や台所、キッチンでも特に問題はないとする寺院さんもあります。

場所よりも貼り方に注意してください。

以下立春大吉のお札の貼り方での注意点をご紹介します。

立春大吉のお札の貼り方

どこの場所に貼るにしても、注意点は以下の点です。

※あくまで推奨されるものですので、家の環境に合わせて対応してください。

• 大人の目線よりも上

• のりやテープなどで貼る

• ※ピンなどでお札に穴をあけるのは避ける。

• のりやテープは台紙の上に貼って台紙をピンに止めたりは良い

また、玄関に立春大吉のお札を貼る際、鎮防火燭(ちんぼうかしょく)のお札を一緒に貼る際は以下の点に注意してください。

• 玄関に向かって右側には立春大吉、左側に鎮防火燭のお札を貼る

• いずれも家の外側に文字がかかれた表面を向ける

参考:立春曹洞宗関東管区

立春大吉と鎮防火燭のお札について

ここで、立春大吉のお札と一緒に貼ることがある鎮防火燭(ちんぼうかしょく)という言葉の意味についてご紹介します。

鎮防火燭は、漢字の通り、火伏せの意味を持ち、火災などの厄災を除くという意味を持ちます。

寺院によるのですが、立春大吉のお札と同時に鎮防火燭のお札を掲げることもあれば、立春大吉のお札を立春の間に、鎮防火燭を雨水という立春の次の節気で貼るという風習もあります。

立春大吉のお札は立春の間に

立春大吉のお札を貼る期間に関しては諸説あります。

最も一般的なのは、立春の日の朝に貼るというものです。

もしくは、立春の節気の間(2020年の立春は2月4日~18日)に貼るのでも良いとされます。

立春大吉のお札をいつまで貼るかと処分の方法

立春大吉のお礼は立春に貼り、その後一年間貼ります。

処分の方法は、神社や寺院の古札納所にお返しするか、お正月飾り門松などを焼いて清める、どんど焼き/どんと祭り(場所によって左義長などの呼び名も)でお清めしてもらうのが一般的です。

夢なき者に成功なし

言葉のとおり、夢があるからこそ、理想があり、理想があるからこそ計画立て、計画を立てるからこそ実行繋がる。
そして、実行するからこそ成功の扉が開かれる。
なるほどなと思う。

夢ある者に成功あり!

夢を持とう!夢に生きよう!

夢を実現する者たちは着々と実行してます!

自動化×MLM

おはようございます。松井です。
今日はビジネスの自動化×MLMについて書きます。

きっかけ

そもそも、私がオンラインMLMを始めた目的は、「ビジネスの流れを自動化したかったから」です。自動の仕組みがあれば、私と一緒に活動するビジネスパートナーの皆さんにとって役立つのではないかと思ったからです。

「自動化」とはどういうこと?

例えば、「自動販売機」をイメージするとわかりやすいと思います。そこら中に置いてある「自動販売機」は、無人で自動で商品を販売する「仕組み」ですよね。

売るものがジュースやお酒やお菓子などの「有形物」である場合、商品の在庫を定期的に管理して、商品が売れたら補充しに行かなくてはなりませんので、全自動ではないのですが、売るという行為に関しては無人で自動でやってくれるので、オーナーにとってはとても便利な仕組みだといえます。

もし、売るものが「データや電子マネー」などの「無形のサービス」である場合、補充する必要すらなくなります。まさに、その仕組みは、無人の全自動販売機だと言えます。ETCレーンなどもそうですね。

例えば、この写真のように、駅に行くと、電車に乗るためのお金は進化していて、今や紙の切符を購入する代わりに「交通カードにチャージする」というようになりましたよね。チャージ機は在庫を補充する必要のない、無人の自動販売機です。

私は、前からこのような仕組みをMLMでもできないだろうか?と考えていたわけです。

あとは、そのシステムを使う人、つまりチャージ機の場合は、交通カードにチャージする人を「集客」すれば良いということになります。

東京駅に設置してあるチャージ機は、一体毎日いくら販売しているの?
おそらくものすごい金額だと思います。

しかし、同じものを売っていたとしても、ど田舎の一日に5人くらいしか利用しない駅に設置した場合は、誰もチャージしない日があるのかもしれません。そこには、「集客の差」が関係しているのです。

いずれにせよ、「自動化」が組み込まれた「システム」を持つことによって、私たちは様々な労働から解放されます。もし、全自動化できれば、時間のゆとりを最大限に生み出すことができるのです。

労働から解放されて、時間のゆとりが生まれることによって、本当に時間を注ぎたいことに注力することができると思います。

こういう仕組みをMLMビジネスに応用できたら良いと思いませんか?

私は、こういう自動の仕組みが私たちが参加しているMLMビジネスの現場で少しでも応用ができないか? というようなことを考えていたわけです。

なぜならば、自分がセミナーに人を誘うことで苦しんでいたし、自分がセミナーをする立場になってからは、自分が伝えた人たちがセミナーに人が連れてこれずに苦しみ始めたからなのですね。

さて、どんな企業にも、商品やサービスを開発する作業から顧客の手元に届くまで、一連の作業工程がありますよね。

ちょっとどんな「工程」があるのかを分解して一緒にイメージしてみましょう。
私はこんな流れになっているのだと思います。

1.「商品開発」
→ 2.「広告(認知)」
→ 3.「集客」
→ 4.「説明」
→ 5.「販売」
→ 6.「決済(集金)
→ 7.「アフターフォロー、販売促進」

これらの作業を全部、自分たちの「労働」でやろうとした場合、相当の気合いと時間と投資が必要だということが見えてくると思います。

MLMを選ぶということは、あなたは少なくとも「商品開発」をしなくて済みます。言ってみれば「商品」をあなたは自動で手にしているということです。

また「決済や集金」もしなくて良いです。(企業側がシステムを組んでいる場合は)

「販売」に関しては、販売行為をしなくてはならない人と、販売に関与しなくても良い人がいます。これは、あなたがどのMLMを選ぶのかによって変わってきます。

他には、自営業でやろうと思うと「売上げ集計、賃金計算、報酬支払い」などの作業もありますが、これも、MLMの場合は、自分でする必要がありません。

つまり、MLMでやる作業は、「広告、集客、説明」に絞り込まれますよね。

MLMはお手軽に参入できるが…

さて、ネットワークビジネスは手軽に参入できて、広告、集客、説明をするだけなので、すごく魅力ですよね。

そして、仲間が広げるようになってくれれば、やがて自分が作業しなくても収入が入ってくるようになって、好きなことをして暮らせそうですよね。

私も、権利収入を作る入り口としては良いビジネスジャンルだと思います。

しかし、実際にはどうでしょうか?

権利収入が欲しい、
時間の自由が、
不労所得が、
精神的ゆとりが…

数々の理由から、多くの人がMLMを始めるという気持ちはわかります。

しかし、実際にやってみると、経済的自由どころか、時間の自由も手にできず、精神的にも追い込まれていませんか?

私もそうだったから、気持ちがわかります。

なぜだろう?
どうしてだろう?

悩みました。

そして、気づきました。

実は、時間的な自由、経済的な自由、精神的な自由を手に入れたければ、極力自分でする必要がないように、「自分が組み込まれなくても良い仕組み」を作ってゆく必要があったのです。

ネットワークビジネスで稼いでいる人でも、時間的自由が手に入っていない人は大勢います。

組織が大きくなればなるほど、セミナーに忙しくなり、みんなからABCの依頼が殺到し、気がつけば、そのことに相当の「時間を取られている」実態があります。

全国、全世界を飛び回るようになってしまったら、交通費や宿泊代、飲食代などの負担も大きくなります。

よく考えてみてください、あなたが成功していった先には、どんなライフスタイルが見えますか?

さて、あなたがやる作業は、「広告、集客、説明」でした。

広告とは?

権利収入に関心があるか?
取り扱っている製品やサービスに関心があるのか?
というようなことを人々に問いかけることです。

集客とは?

興味のある人に詳しい説明を聞いてもらうため、セミナーや喫茶店などに誘導することです。

説明とは?

説明できる人から話をしてもらうことです。これとセットでクロージングがあります。

クロージングとは?

クロージングは閉じるという意味があり、集客した人が契約をするために話をしたりサインの方法を教えることです。(MLMに参加するとかユーザー登録をする)

みんなが苦労している部分

電話をかけることだけでも大変!

さて、ほとんどの人がこれらの作業で相当な苦労をしています。実際にやってみた人はわかると思うのですが、最初の広告の部分は、通称アポ電と呼ばれる作業です。主に電話をかけることですが、この電話をかけることだけでも「重労働」ですよね。

そもそも、友達に声をかけてもセミナーに誘い出せない、話すら聞いてもらえない、全員に声をかけ終わってしまい、もう声をかける人がいなくなってしまい、悩んでいる。

アポ電をしなくても良いように自動化する

そうだ!このアポ電をしなくても良いように、自動化できたら便利だ!と思いました。

アポ電って嫌なんですよね。友達に声をかけて「今度は何の売り込み?」「前のビジネスはもうやっていないの?」なんて言われながら、こっちも顔が引きつりながら話さなくてはいけません。

一日10件もやればヘトヘトでした。

そういう作業自体をカットしたい!

やらなくて済むならどんなに良いか?

インターネットのすごさ

さて、私はインターネットを使うようになり、ネットで莫大な収入を得ている人を何人も見てきました。

彼らは、インターネットで効率的に商品流通を起こすことに成功していました。

賢い人は、「無形の商品」を「自動で販売」するために「自動化」の仕組みを巧に操り、「労働時間」を極力減らす方向性で仕組みを組んでいました。

成功している人たちは、「ほぼ労働をせずして」「経済的に豊か」「精神的なゆとりもある」生活を手にしているのでした。

インターネット+自動化+MLM

ある日、私は思いました。

「そうだ!彼らがやっているような自動化の仕組みと、MLMを組み合わせられないだろうか?」

そこで、仕組みの作り方を教えてもらったのです。

そこから、私の人生は大きく変わってゆきました。

自動化では、「やりたくないこと」をリストアップすることから始めました。

13のやりたくなかったことリスト

1.アポ電(セミナーやABCに誘いだすための電話)
2.友達や知人の勧誘
3.セミナーを何回も繰り返すこと
4.喫茶店などで説明を繰り返すこと
5.商品体験のデモンストレーション
6.サンプル配り
7. 販売
8. 領収書を書く
9. 集金
10. 配達
11. チラシ配り
12. 名刺
13. 顧客管理

書き出してみるとあれもこれも、一つ一つが大変苦労する部分ですよね。

私は、これをロボットにさせて、自動化してしまおうと考えたわけです。

あとは、同じ価値観を持つ人を集客して、その人々がビジネスに参加し、私と同じ仕組みを使って数人を集客できるようにする。それを繰り返してゆけば、私だけでなく、乗ってきたみんなが権利収入と時間を手にすることができるようになり、

やがて、メインの労働を辞めたとしても、権利収入だけで食べてゆくことができるようになり、時間もあるので、本当にやりたかったことに注力することができるようになるようにしたい。 それが自己実現の応援だ。

そう考えたわけです。

さて、そんな思いの中で作った自動化装置を経由して、今ここであなたと私の出会いが自動で生じているわけですね。

あなたも自動化に興味がわきますか?
あるなら、さっさと次へ進みましょう


もし、あなたがMLMの集客ができていないならその行動パターンを変えてください。

誰に声をかけるのか、どうやって声をかければ良いのか自体を見直しませんか?

もし、まだ一人も直紹介が出せていない上に、もう声をかける人が全く思いつかない場合は、残念ながらそのビジネスは拡大する可能性はゼロです。

その場合は、すぐにでも再挑戦するべきでしょう。

諦めないでください。


また、経済的自由や時間的自由を目指しているのに、それがなかなか実現できていない場合、関わる企業や、関わっているチームで取り組んでいる紹介活動の方法が違います。

もし、今の流れを変えて、どうしても権利収入を作りたい、時間的自由を手にしたいと思っているようでしたら、

次のステップへ進んでください。

記事を定期的に読みたい場合は、下の「いいね」「フォロー」ボタンを押してください。次回ブログ記事がアップされた時に、自動でお知らせが表示されます。

オンラインMLMアカデミー 学習会&親睦会 in大阪

1/18 (土曜日) 集合12:00、解散16:00

お申し込みフォームはこちら
https://forms.gle/yafmVa8fLxCcYFJy6

概要:
今までの紹介活動ではなかなか結果が出ていない、友達や知人をビジネスに勧誘したくない、セミナー会場へ人々を繰り返し動員し続けないとならないやり方から解放されたい、好きな場所でビジネスをしたい、自分にあった時間に取り組みたい、今までのビジネスの人間関係を変えたい… MLMに取り組んでいる人、取り組みたいと思っている人には様々な悩みや希望があります。それがオンラインMLMの入り口にたどり着いた理由かもしれません。

今回、オンライン(インターネット)でMLM等の紹介ビジネスを展開することで「収入構築」を目指すことに興味関心のある皆さまと、オフラインで『実際に会って』基礎的な仕組みの全体像を学習できる企画をしました。

前半は、早く食べたい気持ちを抑えながら学習会を行い、後半は2020年の新年の幕開けを祝い、お美味しい食事を囲み、関心事が共通している新しい仲間と出会い、大変身を誓って親睦を深めましょう!

学習内容は、オンラインMLMとは具体的にどういう考え方、どんな仕組みで資産構築を目指すのか、どのようなライフスタイルを目指す人に向いていて、どのような特徴(長所短所)があるのか?実際の体験談はどうなのか?について知ることができる基礎編となります。

パソコン、スマホ等の機材やアプリケーションの使い方、コピーライティングやマーケティングに使う仕掛けの作り方などについてスキルを磨きたい場合は、この学習会を経た後、ワークショップや合宿にご参加ください。

日時:
1/18(土) 集合12時、解散16時頃

会場:
一期一会 梅田店
海鮮を中心とした様々な料理やお酒を個室で楽しめるお店です。
URL: https://ichigoichieumeda.owst.jp/
場所:大阪府大阪市北区曽根崎2-10-15 曽根崎センタービル2F
電話:06-6131-3417

アクセス方法:地下鉄谷町線東梅田駅徒歩1分 / 地下鉄御堂筋線梅田駅・JR大阪駅・JR北新地駅徒歩3分、お初天神商店街をまっすぐ2分。左手のビル2F

参加費: 5000円、当日現地払い(学習+食事込み)

定員:先着20名程度

申込方法:
1月12日土の午後7時を目処に、申込フォームからお申し込みください。
予約及び諸連絡のため、メールアドレス、名前、携帯電話番号の記載をお願いします。
定員になり次第募集を締め切ります。

お申し込みフォームはこちら
https://forms.gle/yafmVa8fLxCcYFJy6

お問合せ:
ご不明な点がある場合や緊急時は電話またはLINEでご連絡下さい。
オンラインMLMアカデミー
担当: 松井康哲 090-8585-7919、LINE: https://line.me/ti/p/_q9CQyuvsT

オンラインMLM講師:松井康哲

今、水面下でどのようなことが起きているのか?

今回は結論として、「10~20歳代の若者からマーケティングを学び、自分の世代向けに展開をすれば成功できる」ということをお伝えする。

実家にUターンしてきて驚いたこと。
それは、姪っ子の娘 (2才になったばかり)の手にスマホがあること。

今どきの子どもたちは、生まれた時からタブレットやスマホのある環境で育つ。

小学生たちは、学校の授業でパソコンやタブレットを使って色々な調べ物をどんどんしている。また、自分の発表資料をパソコンで作成して、プレゼンをする。

このように、コンピューターやインターネットはこれからもますます日常に浸透してくるため、僕たちは覚悟をしておく必要があるようだ。

特に僕のように40歳以降の大人はこのような社会の流れがあるということを覚悟する必要がある。

ネット上で様々な情報が手に入る時代

今からおよそ20年くらい前は、まだまだネット上の情報量は少なくて、検索エンジンの精度もそこまで高くはなかったので、情報を入手するのには苦労をした時代。

その頃は、書店に行き専門書を買う必要があったり、経験者に会って情報を入手するという手段がほとんどであったと思う。
「経験者に会うこと」これはMLMの情報提供方法にも如実に表れている。

ところが今はどうだろうか?

Googleという検索エンジンの発展、様々な会社がSNSを提供、WordPressと言った情報発信ツールも格安でより便利に使えるようになっている。

ネット上で大概のことは調べがつくようになり、ほとんどの問題もネットで解決ができるようになってきている。

FacebookやLineのおかげで会ってみたい人にもアプローチをしやすくなっている。

大人が不利に

ネット上で様々なことの調べがつくようになり、WordPressの使い方、ランディングページの作り方と言ったことは自己学習がある程度可能となっている。

もしも、アフィリエイトで勝負をしようとした場合、大人は圧倒的に不利になってしまっている。

その理由は「自分の判断で自由に使うことのできる時間」に差があるためだ。

子どもたちのほうが、自由に使うことのできる時間が大人たちよりも多いため興味の湧いたことがあれば勝手に自分でネットを調べてどんどんスキルアップを果たしてゆく。

また、ネットだけで完結できる稼ぎ方も多くなってきているので、就職することを避けて自力で稼ぐ子どもたちが多く出てきている。

このような子どもたちは、「ストレスの多いサラリーマンにならなくってもお金を稼ぐ方法があるのならそっちの方が良い」と考えているようだ。

今後の傾向

「ITが苦手」といってITスキルを身につけることに言い訳をしているアラフォー世代以上の大人たちは要注意だ。

水面下では20代〜30代にかけての世代がネット上では非常に大きな勢力をのばしている。

これには、良い側面と悪い側面が同時に存在するので知っておいてほしい。

良い側面としては、若い世代を中心として新しい価値観が形成されて社会がより良くなってゆくということ。未来は明るい。

一方で悪い側面としては、「二極化」がますます進んでしまうこと。これは特に経済的に持てるものと、持たざるものとに極端に分かれるということになる。

親世代にパソコンやスマホの使い方を教えたことがある人はよくわかると思うが、とてもイライラした経験はないだろうか?

そもそも、基本的なことがわかっていないし、慣れていない。

ここから言えることは、ズバリアラフォー世代より上の人は、新しい情報の受信方法と発信方法を若い世代から学びとって応用してゆかなければ、太刀打ちができなくなるということではないだろうか。

世代によって得意なマーケティング手法が異なる

世代によって得意なマーケティング手法が異なることも把握すると良い。

50〜70代
飛び込み営業、テレアポ、訪問販売、ネットワークビジネス、代理店ビジネス

30〜40代
DRM(ダイレクトレスポンスマーケティング)、プロダクトローンチ

10〜20代
SNS+インフルエンサーマーケティング

今の20代は、SNSを使って大量のフォロワーを獲得して、インフルエンサー(影響力のある発言者)としての発言力を身につけている。おまけにマーケティングのやり方もすごく賢くて綺麗で、人から恨みをかったり、詐欺と呼ばれるようなことはまずなく、好感も持てる。

彼らは濃いファンをなるべくたくさん集めることが人望となりやがては資産となることを肌で理解していて実践もできている。

歴史から判断してみても、今後の傾向としては20代のやり方が主流となり、彼らのやり方が時代を変えてゆくことになるのは明白だ。

アラフォー世代より上の人たちの関心事は、子どもや家族の生活のこと、両親の老後のこと、自分の老後のことではないだろうか。

安心した老後を迎えるために、ネットワークビジネスやネットビジネスにチャレンジしている人はとても多いと思う。

若者から学べ若者と共に+自分の世代向けに情報発信

最近の傾向の続きとして、こんなことが言える。
世の中は、完全にインターネットを中心としたマーケティングにシフトをしてきている。またそれを若者たちが牽引してゆく傾向があるのは明白である。

しかしながら、それが全てではないこともいえる。それはインターネットを使ったビジネスが完全に若者たちに奪われるのではないということである。

こういうことも把握しておくと役立つ。
「世代間で興味のあることが違う=別の世代の情報にアクセスしない傾向がある」

「70代の人が20代の人の情報にネットでアクセスする機会は少ない」ということ。

結論としては、「10~20歳代の若者から学び、自分の世代向けに展開をすれば成功できる」といえる。


今日もここまでお読みいただきありがとうございました。
この記事が役立った場合は、いいねをお願いします。
また、記事を読んだ感想は下記のコメント欄にぜひ書き込んでください。