たんぽぽに学ぶ

たんぽぽ

タンポポ(蒲公英)は、キク科の多年生植物で、広場の芝生、歩道の脇など人に踏まれそうな場所でよく見かけます。

タンポポは背が低く、近くに他の植物があると太陽の光が当たらず、光合成がうまくできないので生きていくことができません。こ

のため、人通りが多く、普通の植物では、踏んづけられて枯れてしまいそうな場所に生えていることが多いのです。

タンポポは丈夫で、少々踏まれても、しおれたり枯れたりしないように、深く根をはり、たくましく生きています。

タンポポの特徴の一つは、そのタネが綿毛をつけていることです。

踏まれたり、蹴飛ばされたり、風に吹かれたりすることにより、綿毛が飛び、自生範囲を広げて生き延びるシステム、仕組みを備えているのだ!

蹴飛ばされることも、力にしてしまうという…

すごいなぁ!

投稿者: Y.Matsui

ロジカルマーケッター、オンラインMLMアカデミー(OMA)代表 / 趣味:アウトドア活動、山菜採り、旅行 / 言語: 日本語、英語 / 2019年、オンラインMLM実践型アカデミーを創設。紹介プロセスの自動化による権利収入の構築を研究しています。MLMに取り組んでいる一人でも多くの人がビジネスの悩みを解決し、時間的、経済的、精神的な豊かさを実現し、幸せになってほしいと思います。私で良ければ、何でもご相談ください。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。