日本はインフレ経済

日本ではよく「デフレだから現金の価値が上がっている」とか「現金で持っておくのが良い」と言われてきました。

デフレと思われてきた日本では、実は商品の値段は変わらなくても内容量を少なくしたりすることをしています。

隠れた値上げ、つまり、ステルスインフレと呼ばれる経済現象が起こっているのだそうです。

実はそもそも日本はデフレではなくインフレだったのです。グラフをみてください。<出典>IMF – World Economic Outlook Databases (2019年4月版)

インフレとは、物価が上がるということなので、相対的に現金の価値が下がる、ということになります。

つまり、ほぼゼロ金利の銀行預金や現金のまま持っているタンス預金などの場合何もしなくてもお金が減っていく、ということになります。

「では、どうすれば良いか?」というと、私たちがオススメするのはオンラインMLMへの参加です。

投稿者: Y.Matsui

ロジカルマーケッター、オンラインMLMアカデミー(OMA)代表 / 趣味:アウトドア活動、山菜採り、旅行 / 言語: 日本語、英語 / 2019年、オンラインMLM実践型アカデミーを創設。紹介プロセスの自動化による権利収入の構築を研究しています。MLMに取り組んでいる一人でも多くの人がビジネスの悩みを解決し、時間的、経済的、精神的な豊かさを実現し、幸せになってほしいと思います。私で良ければ、何でもご相談ください。

ディスカッションに参加

4件のコメント

  1. ステルスインフレ、初めて聞いた言葉です。
    知らず知らずのうちに、お金の価値が下がっていく。怖いですね。
    自分の身は自分で守らないといけないと強く思いました!

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。