更新日: 2020.4.20

令和時代の新ネットワークビジネスとは、友達を誘わずにビジネスの組織づくりができるインターネットで取り組めるネットワークビジネスです。

今回、新事業として私たちと一緒に新型のネットワークビジネスに取り組んみたい積極的な人を募集します。


5分ほどお読みいただき「人生を変えたい!」と強く思える場合は個人的に連絡をください。

なぜ、

過去に取り組んだ
全てのネットワークビジネスで
たったの1人も紹介を
出せなかったのに、

この新型のネットワークビジネスに
乗り換え後、ほんの数ヶ月で
紹介ができ、

念願の収入源構築が
できるようになったのか?

💡

その具体的な活動方法やビジネスモデルを知り、
心機一転
私たちと一緒に歩んでみませんか?

💡

あなたは今、ネットワークビジネスに参加中ですか?

ひょっとしたら紹介活動がうまくいかなくて悩んでませんか?

『こんなに頑張っているのに、どうしてなかなか紹介できないんだろう?』
そう考えているあなたに朗報です☺️

紹介ビジネスがなかなかうまくいかない…


実は多くの人もまた、あなたと同じように

紹介活動がうまくいかなくて悩んでいたりします

私もかつては紹介活動がうまくいかなくて悩んでいました。


『具体的に紹介活動のどの部分で悩んでいるのですか?』

私たちは、他社のネットワークビジネスで悩んできた人々に質問を投げかけてみました。
わかったことは、悩みの共通点でした。


1. 友達のリストアップができない

2. リストアップはできたけど、電話をかけることができない

3. 電話をかけたけどセミナーやABCのアポイントが取れない


4. 声をかける相手がもういなくなってしまった

5. 人脈を作ろうと努力はしているがうまくいかない

6. SNS集客を教わってやっているけどうまくいかない


7. 私は紹介できたけど、その先で紹介の流れが停滞している



これらがだいたい、みなさんが抱えている悩みだということなのです。

あなたも同じようなことで悩んでいませんか?

もし、そうだとしたら「乗り換えると」「悩みが解決できる」のです。

まず、結論から
私たちのビジネスに乗り換えると、

1. もう「友達」をビジネスに誘わなくてもよくなります

2. セミナー会場への動員をしなくて良くなります!(自宅から100%オンラインでビジネスができます)

3. 好きな時間に取り組めます

4. 『権利収入やネットワークビジネス』に興味のある人だけが「相手の方から話を聞きたい」と連絡をしてくるようになります

5. ストレスフリーで本当に楽しく活動できます

私は特に、友達を誘わなくてもビジネスができる!ことがすごく気に入っています。

これを読んでいるあなたは、私の今までの友達ではないですよね?

そうなのです。

確かに友達ではないのに、あなたの方からここにきて、勝手に文章を読んでいるのです。

これと同じことをできるようになりたいと思いませんか?

もう、友達をビジネスに誘って白い目で見られたり、変な噂をされることもないのです。良いと思いませんか?

ネットワークビジネスのリーダーは、よく最初の一歩として、「とにかく、誰でも良いから、頭に思い浮かんだ人々をどんどんリストアップして、電話をかけてセミナーに誘って」と言いますが、私はそれをやりたくなかったんですよね。

今、こうしてやっている方法は、リストアップもなし、セミナー集客のための電話も一切かけません。一切です。

すごく、ストレスなく権利収入を作ることにフォーカスできます。

どうですか?

こういう集客方法なら私とあなたで協力して、権利収入をバンバン作れると思いませんか?

我々は、あなたを稼がせるために全面的に協力します!

良い方法、合理的な方法があったらみんなで共有して一気に稼ぎましょう!

これが令和時代のネットワークビジネスなのです!

次のステップ

詳細を知り人生を変えたいなら!
LINEで繋がり

無料資料請求をどうぞ


相談会も実施中です

YasuTokuとLINEでつながる

申し遅れました、私はオンラインMLM案内人の保德(YasuToku)と申します。
今日は私のメッセージを読みに来てくださり、ありがとうございます。☺️


まず、私が何者なのか分からないと思いますので、少し自己紹介をさせていただきます。

  • 住んでいる町は古都です。
  • 趣味は、オートバイでツーリングすることです。
  • 好きな映画:仁義なき戦い!
  • 好きな食べ物:おふくろが作るビビンバですね。
  • 大切にしている言葉:自分がしてほしいことは、先ず自分がしてあげる自分の機嫌は自分でとる
  • 一度行ってみたい場所:オーロラが見える場所
  • 私は会社には勤めていません。昔はトラックを使った実業をして肉体労働で年収8桁(数千万)稼いでいました。将来のことを考え、肉体労働は卒業し、投資やMLMで稼いでいます。MLMは権利収入を稼ぐ手段、時間的自由を得る手段として収入の一つの柱にしています。ネットを使ったリクルート法と出会い、ストレスフリーなMLMを伝えています。

MLM(ネットワークビジネス)を始めたきっかけ

振り返ると、20歳の時に中学の先輩からネットワークビジネスの王道アムウェイに誘われたのがMLMとの初めての出会いです。

権利収入や普通の仕事では叶うことがないような高収入、アメリカンドリームを夢見て、仲間と夢を語り合い、刺激と高揚感を求めて参加したことを今でも覚えています。


参加当初は、若さもあり勢いよく勧誘活動をしていました。自分自身は兄貴肌のところもあり、5人、6人とポンポン仲間が増えていきましたが、その仲間たちが私と同じように行動し結果がでるとはかぎらず、築いた組織は自然に崩壊しだし、収入も減少、やがて自分自身もその場を去ることになってしまいました。


しかし、ネットワークビジネスの世界には本当に大きな成功を手にしている人がいるのをこの目でみてきた。次は私の番だ!と夢見る私は、次なるビジネスの誘いがあると「次こそは」と決起するものの、今思えば同じことの繰り返しをしていましたね。それほど権利収入の世界を捨てきれずに追い続けていました。

ネットワークビジネスで過去にうまくいかなくて悩み苦しんだ時の話

ネットワークビジネスを伝えられたとき、自分自身このビジネスで成功を収めたときの想像を色々とします。私が伝えた方達も、話を聞いて初めの3か月ほどは凄く燃え上がります。

しかし、私が伝えた方全てが私と同じモチベーションを保ち続け行動するかは別であり、登録して早い段階で新規の勧誘ができなかったり、1人2人に断られたら自信を無くす人が多かったです。

自分自身もそうであるように、如何にして、自分とグループメンバーが新規獲得をストレスなくスムーズにできるのか、そしてグループで収入を稼ぐことができるのかが永遠の課題だと感じ続けてきた。

オンラインMLM + 自動化 に興味を持ったきっかけ

私がネットワークビジネスに出会った頃は、インターネットなんてものは普及していなかった時代でしたので、紹介者やアップラインの方々の教えを忠実に守り100人リストを作成したり、自身がしっかりと説明できると確認できるまで勧誘してはならないと教わってました。

しかし、私もネットワークビジネスを色々と結果が出せずに渡り歩いてきたのですが、過去に別のビジネスに誘った相手を、違うビジネスに誘うわけにも、気持ち的にもいかず、徐々に声をかける相手が減ってきました。

それもあり、私はしばらくの間、ネットワークから離れブロガーとして活動をしていました。 そんな最中、私自身もそうだったようにインターネット上に、常に何か儲かる話はないか、成功する話はないかと探し回っている人が多いことを感じていました。

転 機

これだっ!「インターネットを使わない手はない!」

そう思いながら無数の情報を調査していたところ、「インターネット集客術とインターネットにオープンなMLM企業を組み合わせて」今までと全く違うコンセプトでMLMビジネスをし始めているリーダーに目を付けました。

私は、すぐにそのリーダーとコンタクトを取り、ミーティングを繰り返しました。そして意気投合をして手を組み、新時代のリクルーティングを武器に再びMLM業界に乗り込みました。

結果は『素晴らしい!』そのものでした。

  • 友人知人をビジネスの対象にしない
  • こちらから声をかけない
  • 権利収入に興味のある人だけに訪ねてきてもらう
  • 電話アポをなくす 時間の取られるセミナーもなくす
  • ストレスのかかることはなくす


もっともっとメリットはあるのですが、語りきれません!
とにかく、私自身も私の勧誘した人達も、ストレスがない

断られることに対して臆病になっている人達も、これなら本当に楽しい

何かを探し求めている方達から声がバンバン掛かる

この構図はストレスを減らすことができるうえ、
興味があるかないかの博打をする必要がなく
リクルート成功率が劇的に望める。


これが、令和時代、インターネット時代にこそ流行るビジネスの取り組み方だと思います。

私は、あなたと一緒に成功したいので、自信を持ってあなたにこのやり方を教えてあげたいし、オススメしたいと思っています!

すこし、振り返ってみてほしい、

「あなたは私が掲載をした広告をクリックした結果、このページに来ていますよね?」

考えてみてください。

今度は、あなたが私たちが使っているのと全く同じ広告をうちさえすれば、私たちが得ている結果と同じように、あなたのところへ新しい人が訪ねてくるということですよ。

そして、その人も、こういうシステムを使ったやり方に魅力を感じたとするならば、そこで契約成立!となるわけです。

ネットワークビジネスだから、みんなが一緒に収入を取れますよね?

こういう図式なんです。

今まで、成功を夢見てきたあなたも、ほかの人々も現状を打破するために夢に向かって止まらずに突き進むのです!

そこで大事になってくるのは、『どの乗り物に乗り込むのか?』ということです。

あなたが一番悩んでおられるのが避けて通れない集客では?私もでした。

そして、今後あなたが組織に連れてくる仲間たちも集客で悩むのです。


その一番大変な作業を、我々は、

友達を誘いもせず、アポイントの電話をかけることもなく、家から出かけることもなく、自動化で実現するやり方を教える。

しかも、その先でやる作業もシンプル。

セミナーは動画になっていて、いつでもスマホで何度も観れます。
まさしくオンライン動画セミナー
です。

かといって、ほったらかしではなく、ちゃんとそこには、仲間が仲間を支え合うという形が取れているのです。

インターネット初心者でもできるようにしてくれてある。

「おぉ〜!これこそが、私が求めていたものだ!」

そう直感した人は、すぐに行動を起こす。

事実、私もこの「オンライン集客術」を伝授してもらった結果、必然的に、あなたという人と出会ったのです。

だからあなたにもできる。

本当に、「自動的に集客できてしまう」という素晴らしい仕組みです。

この仕組みは、誰でも雛形をベースにコピーすることができるので、集客が苦手な人にこそ絶対に使ってほしい仕組みだと思います。

さらに、その仕組みだけでなく、権利収入を最大限に作れる、可能性無限大の、グローバルなビジネスモデルに乗ることができます。

そのビジネスを見ても、今までのどのMLMにもない、素晴らしい内容が備わっていて、会社自体も私たちが最小限の労働力で済むように、いろいろな「自動化」の仕組みを開発して、権利収入+時間の自由化で、理想のライフスタイルが作れるように提供してくれています。

将来実現したい生き方、ライフスタイル

私が20代の時、ネットワークビジネスに何回か誘われたときの一つの誘われ文句が『年収8桁欲しくないか?』というものでした。

8桁(数千万円)

その時私は、すでに年収8桁取っているからと断ったのですが、しばらくして、ふとっ「権利収入の中身は稼げる金額だけではなく、質に魅力がある」と思いワクワクしたのです。


朝早くから晩遅くまで働き詰めで稼いだお金ではなく、楽しくゆったりと過ごしながら稼げるお金、行ける所に行く旅行ではなく、行きたい所に行く旅行、乗れる車に乗るのではなく乗りたい車に乗る。


自分の心に余裕ができることにより、人に対してもゆとりを持って接することができる。

私はこれらにより、自分も、関わる人たちに対してもゆとりのある生活を望みたいし、それを求める人たちと実現に向かってタッグを組み一度きりの人生を謳歌したいと思います。

どんな人の役にたちたいか?

第一に、私に関わる全ての人達が私と関わって善かったと思って頂けることです。次に、私がその時々に出会い思うことや、今までに成しえなかった事に色々な形にして手助けができればと思う。

最後に一言

あなたも私のように、インターネットでMLMの集客ができ、権利収入の構築や、時間に縛られない人生を歩みたいのであれば、ぜひその気持ちを私にも教えてください。

私はあなたが成功するお手伝いを一生懸命させていただきます。

ご安心ください!
私もインターネット初心者です。
そんな私でもできています。

あなたにも、必ずできます。


ここまでお読みいただき、どうもありがとうございました。


あなたからのアクセスを楽しみにしています!
今の生活から脱出して、今日から、新しい人生を一緒に切り開きませんか?

何も行動を起こさないなら、あなたは来年の今頃も今と同じことを悩み嘆いているのでは !? 行動を起こさなければ何も変わりません。
一緒に行動を起こし未来を切り拓きましょう。


少しお待たせするかもしれませんが、LINE追加を確認次第、すぐにお返事させていただきます。よろしくお願いいたします。

次のステップ

無料資料請求

詳細を知り人生を変えたいなら!


LINEで繋がり資料請求をどうぞ!

無料相談も実施中

LINEでYasuTokuに資料請求する
MLMの紹介ビジネスを、もっとストレスフリーに、自動化でそれが実現します。

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

|

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。